<< My First Hardy(リール編) | main | パーレット達が心配・・・ >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.07.03 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    My First Hardy(ロッド編)

    0
       フライフィッシングを始めた当初、やはり憧れたのはアメリカの世界でしたねぇ。
      山岸行輝さんの「トラウト・フライ・USA」とか、愛読していました。


      ハーディーはリールはイイけれど・・・
      う〜ん、竿はどんなものかなぁと。

      持っている人を見たこともないし、オービス以上に高かったしねぇ。

      そんなことを考えていたあたすにも、ハーディーの光に打たれ、悔い改める日がやってまいりました。

      このあたりの経緯は長くなるので、またいつか。


      とにかく、そのころのあたすは、アルバイトもできる大学生となっていて、いつの間にかハックルもインドハックルからメッツになっていました。

      何でも、ハーディーのグラファイトはスゴイらしい・・・
      オービスなんてもんじゃないらしい・・・

      買っちゃおうかなぁ・・・と思っていた時に、ふと思い出しました。

      確か、コーコーセーの頃に通っていた平塚のRiseさんに、ハーディーの高い竿が1本だけあったよなぁ・・・

      長いこと売れていなかったし、まだ売れ残っているんじゃないか・・・

      後日、行ってみたら、案の定まだありました。

      当時は横に寝かされた状態でガラスケースの一段を贅沢に独占していたのですが、今はすっかり落ちぶれて、他の竿と一緒になって立て掛けられています。


      「ああ、本当に持って行くの?じゃあ6掛けでいいよ〜」

      不良在庫と化していたのか、とても有り難いお申し出があって・・・
      こうしてあたすは、晴れて8フィート5/6番の黒いカーボン竿のオーナーになりました。

      オービスのシンプルなデザインと比べると、黒の巻き糸に赤のティッピングが入っていたりして少し派手ですが、金のお城のマークはオーラが一杯、紺色の布袋にもお城のマークの刺繍されたラベルが縫い付けられていて、これが英国のフライロッドなのだと、妙に感心したものでした。

      このカーボン竿、またよく飛びましたねぇ。
      腕が悪いのでたかが知れていますけど、それでもビュ〜ンといった感じで良く飛びましたよ。

      竿を立てて保持しているだけで魚が浮いてきちゃうし、さすがハーディー、これがハーディーなのだと、勝手に納得していました。



      パラコナに出合う前の、ドロ沼にはまる前の、懐かしい思い出です。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.07.03 Sunday
        • -
        • 22:18
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        小生のFirst Hardy Rodは、スピニングでした!!!
        グラスの6フィート11/2です、続いて7フィーと、続いてグラファイトの7フィートと、スピニングばかりでした!!!
        First Hardy Fly Rod は、NZはタウポの町のタックルショップで買った8フィートのグラファイト7/8番、なんとインローで無く、アウトローのジョイント!!!
        今でも芦ノ湖へ行く機会が有ると使用しております!!!
        パラコナは、6フィート9インチのフェザーウェイトが最初!!!
        ビンテージに嵌ったのは、富士宮のハーディー屋で買った1920年代のCCが・・・・その後は、奈落の底に落ちてしまいました!!!
        先日、久々にサセックス・ブルック使用して、岩魚とアマゴを堪能いたしました!!!
        次に戦場ヶ原行く時には、サセックス・ブルック使おうかな???
        ドクターには到底及びませんが、パラコナも60本以上になってしまいました!!!

        • wakasama
        • 2012/06/19 4:53 AM
        若さま

        あたすも初パラコナはフェザーウェイトです。
        日本向けと言うことで、他のパラコナとはちょっと違いますね。

        マーベルにC.C.、フェザーウェイト、JET(グラス)まで、色々使ってみましたが、やっぱり湯川にはデラックスが最高ではないかと・・・
        • yugawasuki
        • 2012/06/20 9:25 PM
        湯川、懐かしいですねえ。青木橋の下には水藻がゆらゆらして、ひょいとフライを落とすとカワ鱒がゆらっとでて、そんな日々を思い出します。いや、もうぼくが大学4年の夏ごろの話ですよ。変わりましたねえ!!!!!
        • 山岸行輝
        • 2013/11/22 12:10 PM
        遅レス、申し訳ありません。
        ええっ、ご本人でいらっしゃいますか?
        コメントいただけるなんて光栄の至りです。
        「トラウト・フライ・USA」、本当に影響受けましたよ。
        グランジャーの竿とか、欲しいです。
        • yugawasuki
        • 2013/12/09 9:02 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM