スポンサーサイト

0
    • 2016.07.03 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    何故か縮んでいくパーレット・・・

    0
      夏本番の前の今が勝負時と、またまた行って来ましたよ。

      圏央道がつながったので楽ちんですね〜

      首都高速なんて、二度と走ることはないでしょう(笑)



      少し雨は降ったようですが、相変わらず水は少なめ・・・



      湯滝のすぐ下のポイント、川を堰き止めていた大きな倒木が取り払われて、単純なポイントになってしまいました。

      水間流れをスムースにするのは治水上大切なのでしょうけれど、これではねぇ。



      毛鉤に飛び出してくるパーレット、不思議なことに日に日に縮んでいくのではないかと・・・

      良型はいるのでしょうけれど、倒木の奥の奥に隠れちゃっているんですかねぇ。

      もう一雨来て、水が増えてほしいです。



      天気が怪しかったので、デラックスではなくジェットのご登場・・・

      バットがそんなに太くないのが気に入っています。

      もう立派なビンテージですね〜

      水は少ないですが・・・湯川の釣り

      0
        例年より雨が少ないのか、冬場の雪が少なかったせいなのか・・・



        前回以上に水位が下がっている感じです。

        パーレット達は、良型は倒木の奥深くに、アベレージサイズは流心から飛び出してきます。



        朱点の美しいホンマスですね。

        湯の湖から落ちてきた後も、フラフラしているヒメマスとは違って、しっかりと根付いているようですね。



        当たり前のポイントからは飛び出してこないので、竿抜けしているポイントを探しながらの釣りです。



        やんちゃなアベレージサイズです。

        サイズアップはなかなか難しいです。



        少しサイズアップしました。

        本流でなく、脇を流れる細い流れから出てきました。



        なかなか美形・・・

        これは緩い流れに定位していたので、さすがにゴロ蝶毛鉤では無理と見て、黒いオドリバエをイメージしたパターンを吸い込ませました。



        今回の相棒はこれ。

        このところ、8フィートのデラックスとの2本立てで通しています。

        雨が降りそうなときは専らこれ、あとはその日の気分ですね。


        最近、グラス竿が見直されているようですね。

        長くなるとバットが太くなっていくのが気になるグラス竿ですが、この長さならすっきりしています。

        天国と地獄・・・

        0
          先日の湯川釣行の続きです。



          ラインの長さを調節するために思い立ったテンカラ竿ならぬ中通しの和竿の試し振り・・・

          ポイントに応じてラインの長さを調節できるし・・・

          リールがないので軽いことこの上なく・・・

          心配した竿の強さは、全く問題な〜し!

          湯川のような走られない川であれば、40センチくらいは問題なさそうです。


          これはいいぞ、いけるぞと楽しく釣っていたのですが・・・

          パシャッとゴロ蝶毛鉤にパーレットが飛び出し、ガツンと合わせをくれて、よし乗ったとやりとりしていると・・・

          何か変です。

          あちゃ〜

          穂先が途中でバッキリ折れちゃっています。

          節が詰まっていて、ものすごくイイ感じの布袋穂だったのになぁ。

          鱒にのされて折れたのではなくて、合わせの際に背後の木の枝にぶつけちゃったのですね。

          中通し竿は、糸を通すために節を抜いて、中をさらっているので、穂先は想像上に薄く仕上げられているようです。

          硬いものにぶつけてショックを与えると、弱そうですね。


          それに比べて・・・



          中身がしっかり詰まっているこの竿・・・

          これまで数え切れないほど、あちこちぶつけているけれど、びくともしません。

          鏡のようなカチカチのバーニッシュではないので、木の枝にぶつけて多少傷ついても目立たないし、小さな傷なら元に戻ってしまうかも・・・

          やっぱり湯川のパーレットにはこっちですね。

          今シーズン初釣行です。

          0
            ご無沙汰しています。

            今シーズン初の湯川詣でになります。

            6月はズミの季節と思いきや、早くも終わりなのですね。



            湯川は春を通り越して夏の装いです。

            涼しくて快適な釣りです。


            ヌカカを除けばね(笑)



            分かりますか?

            川を渡るヘビです。

            そう言えば滅多にお目にかからないですねぇ。

            寒すぎるのかな。

            これも温暖化の影響?



            パーレット!と言いたいところですが、どこか違う・・・

            イワナみたいな感じですね。

            初めて釣りました。



            これはホンマスですね。

            パーレットとは違う引き味です。

            周りは・・・



            エゾハルゼミのシャワーです。

            中禅寺湖だったらこれにズド〜ンと水柱が立つのでしょうけれど、川ではそうもいきませんね。

            土曜日で人も多く、平日にスゴ腕釣り師になめられてしまっているのか、大型は出てきませんが、コンディションの良いアベレージサイズがゴロ蝶パターンにガバッと出てきてくれます。

            ここで竿を替えて・・・



            和竿のテンカラで遊びます。

            ん?でもどこか変・・・

            これ、テンカラ竿ではなく、中通しのハゼ竿なんです。

            ラインの長さを調整できるので、テンカラに応用できないかと試してみたら・・・

            なかなかイイです。

            ハゼ竿だと言って侮るなかれ、海の魚を相手に作られた竿ですから、強度はばっちりです。



            レインボー鱒でも全然平気です。

            リールがない分軽いですし、竿の長さをフルに活かせるので、9尺の和竿と9フィートのフライ竿では有効射程距離が違います。

            中通し竿は竿先に糸が絡むこともなく、思っていた以上に使えました。

            釣りの後は例のあそこで・・・



            やっぱりこれですね〜


            夏の湯川へ・・・

            0

              しばらくぶりの湯川です。

              もうすっかり夏真っ盛り。

              ホザキシモツケが咲いています。


              大型ではないけれど、きれいな魚体が楽しませてくれます。


              アベレージサイズってところですね。

              これとは別モノの大きなパーレットも何度か出てきたのですが、鉤がかりには至りませんでした。


              今はもうない、波打った板硝子越しに見えるのは、昔も変わらぬ中禅寺湖の風景・・・


              ここに来ると、ハンターさんに会えるのですね。

              振っている竿はデラツクスかな。


              これだけの観光地で人工建造物が一切入らないのもなかなかないのではないかと・・・


              数は出るけれど、アベレージサイズばかり・・・

              大きい鱒には毛鉤を見切られちゃっているみたい・・・


              まあ、これでも十分満足できるのだけれど・・・


              本当はマーベルも持ち出したいところなのですが、こういうのが出てくるので、やはりデラックスがびったりです。

              帰ってくると、またすぐに行きたくなる・・・

              ズミの盛りは過ぎて、されど季節は逆戻り・・・

              0
                先週、良い思いをしたので、もう一丁!とばかりに、また行ってきました。

                ズミの見頃は過ぎてしまったようです。

                戦場ヶ原はもう夏ですね。

                だと言うのに、前日までの雨が災いしたのか、この日は気温が低く、先週のように虫が飛んでいません。

                とは言え、戦場ヶ原には陽の光が差し込み、時折名残の雨がパラついたものの、空気は爽やかで、ハイキングには絶好だったのではないでしょうか。

                肝心の釣りの方ですが、時折ゴロ蝶が飛んでいるのを目にするものの、大きなドライフライではなかなか厳しかった・・・

                まるで、前日にベテランさんがナメてしまったような感じで、先週はパーレットが飛び出してきたポイントに毛鉤を流しても反応は芳しくなく、反応があっても水面下でギラッとするだけで反転してしまい、それっきり・・・

                ようやく、こんなところに・・・と思うような小さなスポットを流してようやくガバッと・・・


                鱒の型も、先週よりも全体に小さめ・・・

                縮んでしまったわけではないのでしょうけどね(笑)

                気温は、日中でも15度に満たなかったのではないかと。

                26度位あった先週と同じ格好で川に入ったので、風邪をひいちゃいましたよ。

                午後になって、少しパーレットの活性が上がってきたようでしたが、お腹もすいたので、夕方までやらずに早めに納竿・・・


                先週と同じところで、今回は「衣付き」に(笑)

                次回はさらに「カレー付き」かな。


                中禅寺湖は、レイクが好調のようですね。

                ハルゼミの釣りというのもやってみたい気がします。

                ライトタックルで、あんまり遠投しなくても釣れる場所ってないですかねぇ。

                今シーズン初のパーレット

                0
                  今シーズン初の湯川詣でです。

                  まだ五月だというのに、もう、ズミも開花して、季節の進みが早いですね。

                  水生昆虫も沢山飛んでいて、早くもベストシーズンの到来を予感させてくれます。


                  シーズン初期のパーレットは、スリムな個体も多いのですが、立派なコンディションです。


                  全部水面に出てきました。

                  流芯から飛び出してきます。


                  何度か毛鉤を見に来た時に色が違うなぁと思ったら、これ・・・

                  湯ノ湖から落ちてきた放流鱒なのでしょうけれど、オリーブ色の強い体色・・・

                  ジャンプもして、引き味もパーレツトとは違いますね。


                  木っ葉ブルックはわりと少なくて、型揃いでした。

                  毛鉤が大きいせいですかね



                  竿富さんのテンカラ竿も使ってみました。

                  パーレットだけでなく、レインボー鱒までかかってしまい、ひやひやさせられました。

                  川幅が狭く、ボサの多い湯川には、ラインの長さを容易に調整できるフライタックルが便利ですね。

                  ラインを短くして提灯釣りみたいにすれば良いのでしょうけれど、それだとちょっと・・・ね。


                  お昼の休憩はここで・・・


                  これを食べると日光に来たなぁって気がします(笑)


                  ズミの写真は・・・

                  撮り忘れました(笑)

                  ようやく奥日光へ・・・

                  0
                    六月に行かなかったなんて、いったい何年ぶりなのだろう・・・

                    七月に入って、ようやく奥日光へ・・・

                    中禅寺湖では大雨だったと言うのに、戦場ヶ原は薄日が差しています。

                    神の恩寵のような光線が差しこんで・・・



                    この流れ、癒されますね〜


                    倒木の影から水面にゆっくりと浮上して、アントパターンを咥え込んだのは・・・



                    太った良型のパーレットです。


                    雨の中、ヒゲナガパターンにガバッっと・・・



                    アントもイイけれど、やっぱりこの毛鉤に出てくれると嬉しい・・・

                    強い流れの中、かなりの重量感で、冷や冷やさせられましたよ。


                    そろそろ上がろうかと考えた頃、また水面を滑走するヒゲナガパターンにズド〜ンと水柱が・・・

                    おっしゃぁ〜

                    記録更新の大型パーレットと思いきや・・・



                    ははは、体側に虹がありました。

                    ここだとレインボー鱒はちょっとがっかりしてしまいますが、コンディションの良い個体だと楽しませてくれます。




                    お腹もかなり癒されました(笑)

                    間もなく最盛期へ・・・

                    0
                      いつもは六月に入ってから釣行している日光湯川・・・

                      待ち切れず、夜討ち早駆けで今シーズンの初釣行を敢行しました。



                      戦場ヶ原は、初夏と言うよりまだ春・・・

                      お花見がようやく終わって・・・と言う感じです。

                      今日は中禅寺湖が特別解禁だったのね。

                      国道側の釣り人の数が少ないなぁと思っていたのですが、皆さん、8年ぶりに解禁される西側に入っていたのでしょうね。

                      さて、湯川ですが、今の時期は沈めての釣りの方が有利なのかもしれないのですが、やはりドライで釣りたいなぁと・・・

                      良く探すとライズもあります。

                      小型のドライをパシッと捕らえてくれました。


                      まだ餌が少ないのか、ややスマートですが、元気一杯です。

                      ヒゲナガをたっぷり捕食して太ってくれば、手こずらせてくれることでしょう。


                      奥日光の宝石ですね。

                      暖かくなると、小ぶりではありますが、ヒゲナガが飛び始めました。

                      これならいつものゴロ蝶毛鉤でイケるかと・・・

                      流れの中からバンバン出てくると言うわけにはいきませんでしたが、やや流れの緩い場所で、ガバッと・・・


                      これも少し痩せていますが、嬉しい手応えの一尾でした。

                      今年はなかなか思うように釣行できないかもしれませんが、日帰りでも出かけたいものです。

                      8月の湯川・・・

                      0
                         奥日光は、相変わらず雨が少ないようで、湯川も水位が低く、水は澄み切って釣りにくい状況が続いているようです。

                        虫もそこそこ飛んでいて、ゴロ蝶パターンやフォームアントなど、水面の鉤に反応してきます。
                        大きなレインボー鱒がゴロ蝶パターンに飛び出し、さあ長期戦かなと身構えた途端に首を振って鉤を外され、あえなくジ・エンド・・・
                        湯ノ湖から落ちてきたのでしょうか。
                        60センチ近くあったのではないかと。



                        パーレットのコンディションは上々・・・
                        腕が悪いので数は出ませんが・・・



                        中禅寺湖の水位も低く、湖はひっそりとしています。



                        湖水で養殖しているヒメマスは大丈夫。
                        やはりヒメマスは美味しいです。
                        早く天然のヒメマスを食べたいものですね。

                        calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM